ayukoのラブリー貯金箱 > 快適な一人暮らしのコツ > 条件を考えよう

快適な一人暮らしのコツ
条件を考えよう
お部屋の探し方
下見でチェックすること


 条件を考えよう

お部屋を選ぶにあたって、自分なりの「条件」をメモにしてみるといいと思います。
私の一人暮らしと引っ越しの体験をもとに、いくつか紹介します。
きちんと考えておけば、ぐんと効率よく選ぶことができますよ。
 

 まずは重要条件を決める

家賃
これはまず、一番重要なところでしょうね。
調べたところ、働いている人なら収入の3分の1ほどが一般的なようです。
学生の感覚としては、5万円前後が妥当かなという気がします。

間取り
部屋の広さも重要ですね。
一人暮らしで比較的多いのは、18?〜20?だそうです。
これがだいたい6畳ほどの広さ+キッチン・バス・トイレでしょうか。

立地
場所もはじめに考えなければなりません。
どの地域に住むか、通学・通勤地からの距離はどのくらいか。
おおよその範囲を決めておくと良いと思います。
 

 ほかにも考えておきたい条件

築年数
できれば、新しくてきれいな部屋の方が良いと思います。
ですが、実は比較的新しくてもいい物件とは限らないし、逆に古くても
リフォームをしていたり、 きれいに手入れしていることもあります。
あくまでも参考程度にして、実際に行って確かめるのがいいでしょう。

階数
防犯を考えれば、2階以上が安全と言われています。
ですが、立地や構造によっては一概に1階が危険ということもないでしょう。
1階に住んでいても特になにもない、という人もいますから。
エレベータがない場合は、階段を上り下りする手間も考える必要があります。

オートロック
特に女性は、オートロックがあった方が安心ですね。
また、管理人さんが常駐していたり、地域でも防犯に取り組んでいたり、となれば
さらに良いです。

バス・トイレ
経験から言えば、ユニットバスも慣れてしまえば不都合はないです。
バストイレ一緒の方が家賃も安めなので、妥協できるならアリでしょう。
一人暮らしはシャワーで済ませてしまうことも多いですしね^^

洗濯機置き場
夜にも洗濯することを考えれば、部屋の中に洗濯機が置ける方がいいですよね。
こちらも家賃との兼ね合いですが、忙しい生活をするような人は要チェックです。
 

条件を考えよう お部屋の探し方 下見でチェックすること